Updated : 2019年12月27日

オール電化の部屋に住むとやめられない?1度住むと次回も選びたくなる理由


オール電化なら火を使わないから安心

賃貸物件を選ぶ際に安全性を1つの基準とするならば、オール電化は優先順位上位となりやすいです。なぜなら、火を使わずに料理だけでなく給湯から暖房に至るまで電気の力で完結するので、直火による火傷を防ぐことが出来るからです。家族の中に子供や年配者が含まれていると、注意力が欠如しやすく直火を扱うガスレンジでは怪我を誘発する危険性があります。そこで、IH調理器具や直接火を扱わない給湯器だからこそ家族に安心して使ってもらうことが可能です。また、オーナーがオール電化を選んだということは、少なくとも上質な設備で入居者へ快適な生活をして欲しいと考えていることが分かります。オール電化設備を導入するためには初期投資がそれなりに必要になるため、費用をかけてでも入居者へ使って欲しいと考えていることが分かります。

基本料金の2重取りを防げる

オール電化の部屋を選択すると、ガス会社との契約が不要となるので基本料金のうちガス部分が必要ありません。電気のみ契約を行えば良いからこそ、毎月支払い続けなければならない基本料金として電気とガスの両方ではなく電気のみ支払えば良いというシンプルな節約となります。また、オール電化の場合には深夜電力を利用した割安な料金による電力を使えるので、給湯器に必要な分だけ予めお湯を沸かしておくことが可能です。魔法瓶構造となっている貯湯式タンクは、大規模災害発生時に生活用水として使えるのでいざという時の備えにもなります。オール電化ならば、基本料金を1つ減らせるだけでなく緊急時の備えも給水部分に関しては兼ね備えることが出来る点で優れています。

千歳の賃貸オフィスを借りる時に注意しておきたいのが、通勤しやすい場所に位置しているかどうかです。駅からの距離を確認しておきましょう。