Updated : 2019年12月28日

失敗しない注文住宅と土地選びのコツを学ぼう!


マイホームの購入は情報収集からが大事

マイホームは人生最大の重要な買い物です。注文住宅を建ててから後悔しないように、慎重に家造りの計画を進めていくことが肝心です。高額な買い物となるため、建ててもらう住宅の調査や情報収集は入念にしましょう。情報収集の方法は、新聞折り込みチラシや新聞広告、住宅情報誌や不動産関連のインターネットサイトなどがあります。不動産業者の店頭や、実際に家を購入した知人の口コミなども参考になります。さまざまな情報の中から、家族構成や家族の年齢、自分たちのライフスタイルや予算に合う住宅の種類を選んでいきましょう。大半の人が年収の何倍以上の住宅ローンを組んで取引きすることがほとんどなので、慎重に慎重を重ねるくらいに情報を集めてマイホームを購入することが大切です。

住む街の周辺環境を調査しよう

注文住宅を建てる時は、家と土地と両方購入する必要があります。住みたい地域や購入したい土地が見つかったら、周辺環境の見学もしておきましょう。その時にできれば違う日時で、何回か足を運んでチェックするのがおすすめです。たとえば、通勤や通学の交通量をチェックするなら、朝と晩や平日と祝日に下見に行き、それぞれの違いを把握しておきましょう。その他にも昼間の騒音や、雨の日の道路や排水の状態など、気になるチェックポイントを確認しておけば、土地選びの失敗を防げます。理想のマイホームを建ててもらっても、周辺環境が悪ければストレスを抱えて暮らすことになので、土地の周辺環境を調査しておくことは大事です。

ある程度のお金が貯まって名古屋の注文住宅を建てる予定なら、名古屋の住宅展示場に足を運んで、ハウスメーカーを選びます。