Updated : 2019年12月28日

ウォークインクローゼットの魅力とつくり方


ウォークインクローゼットと壁面収納スタイルとの違い

ウォークインクローゼットは、中にたくさんの物が収納できるため、とてもニーズの多い収納スタイルです。また、海外ドラマや映画などでもよく登場しており、オシャレなイメージも持ち合わせていることも、人気の要因の一つに挙げられます。

ウォークインクローゼットは、扉を開けてその空間に入ってしまえば、収納しているものを一気に見渡すことができます。通常の壁面収納スタイルでは、折り戸を用いることが多く、その収納サイズによっては、建具を開閉する動作が、ウォークインクローゼットの時よりも多くなってしまいます。また、大きな建具を用いる壁面収納スタイルとは異なり、ウォークインクロ―ゼットの場合に用いる建具は入口のみのため、室内側にたくさんの壁を残すことができます。そのため、コンセントなどの電気配線を計画しやすかったり、家具のレイアウトをしやすかったりというメリットもあります。

使いやすいウォークインクローゼットとは

効率よく、使いやすいウォークインクローゼットをつくるためには、適度な広さが必要になります。1.5畳程度あればつくることは可能ですが、人が入るスペースを考えると、収納のスペースがとても狭くなってしまいます。そのため、収納量のことも考えると、2畳以上の広さを確保する方が望ましいでしょう。

ウォークインクローゼットの内部は、最初から棚やハンガーパイプなどを綿密に計画しておくようにしましょう。造作家具で、細かいところまであらかじめつくっておくと、空間に統一感が出て、スッキリとおしゃれな雰囲気を出すことができます。住みながらいろいろと調整もしていきたいという場合は、可動棚を付けておくと、好きな高さで棚板を設置することができるため、とても便利です。

海にも近いおしゃれな街、横浜の注文住宅を作るなら自身のこだわりが実現できます。坂も多いので地形に合わせて工夫できる注文住宅のほうが住みやすくなります。