Updated : 2019年12月29日

良質な賃貸オフィスの選び方とは?重要な5つのポイント


オフィス面積の広さに注目

やはり、賃貸オフィスを選ぶ上で好条件と言えるのが、広さの充実した物件です。広さがあれば万が一事業を拡大した際に従業員の数を増やすことができますし、オフィスのレイアウトも変更可能。広さにゆとりを持っておいた方が融通が利きます。

オフィスのロケーションも重視

オフィスの立地もなるべくアクセスしやすい場所を選ぶことが大切です。例えば、駅が近かったり駐車場があったりするなど、従業員も通いやすく取引先も訪問しやすい場所は最適。人気エリアにオフィスを構えれば、ブランド力もアップすることでしょう。

事前にテナントの入居状況を調査

オフィスビルの中に複数の企業がある場合、事前に入居状況を調べておいた方が良いでしょう。なぜなら、万が一トラブルが起きた際に、自社の評判も下がる恐れがあるからです。他社から考えられるリスクを想定して、共存できるかどうかを把握しておいたほうが無難と言えます。

仲介会社との相性も大切

賃料も安くコストを抑えられるような物件は、良いオフィスになるほど見つからないもの。しかし、良質な仲介会社に頼れば、移転のサポートや物件探しのお手伝いをしてくれることもあります。親身になってくれる仲介会社は、良質なオフィス選びに欠かせない存在と言えるでしょう。

セキュリティ設備が整っているか

企業を守る上では安全面も重視しなければなりません。そこで、オフィスのセキュリティ設備を確認しておきましょう。セキュリティシステムが整っていて過去にトラブルもなかったかを把握しておくことは、安心感を得るためにも必要なことです。また、警備員が常駐しているのか、機械警備なのかも併せて聞いておくと入居後の手続きもスムーズに進みます。

港区で賃貸事務所を探すときには、港区を5つのエリア、赤坂・青山、新橋・虎ノ門・浜松町、六本木・麻布、品川・田町、芝浦・お台場、それぞれに分けて特徴を掴みましょう。