Updated : 2020年8月30日

住み心地の良さがこだわりポイント!注文住宅でマイホームを建てる際の注意点について


間取りや部屋数は居住性に直結する事柄

注文住宅は建て主の希望をそのまま形にできるのが大きな特徴です。建売住宅のような画一的な構造ではない、個性的なマイホームを建てるなら注文住宅が最適と言えます。その一方で建築の知識が乏しい建て主の意見をそのまま聞いてしまうと居住性が著しく低くなってしまう可能性は否定できません。特に住宅の間取りや部屋数は居住性の良し悪しを大きく左右する事柄なので、建て主の意見を鵜呑みにするのは危険と言えるでしょう。間取りは採光性や通気性に大きな影響をもたらし、部屋数は限られたスペースの使い方に関わります。建て主だけではなく、その子や孫の世代まで住み続けることを前提にするなら慎重に考えたうえで判断しなければいけません。

設備は後年の交換作業を踏まえて取り入れる

住宅も経年劣化によって次第に耐久性が低下します。建材を建て主の希望で決めることができる注文住宅も例外ではありません。どんなに頑丈で高品質な建材を使っても、年月の経過によって少しずつ傷みが生じます。また、配線や配管などの設備も同様に劣化するので定期的な交換が必須と言えるでしょう。注文住宅を建てる際は後年の作業で手間をかけないように、設備の配置場所を工夫することが重要になります。特に壁に埋め込む設備は大掛かりなリフォーム工事が必要になるので、多少割高でも頑丈で長持ちする物を選ぶのが建物全体の耐久性を損なわない秘訣です。外付けの方が交換作業を早く行うことができますが、日光や風雨による傷みが進みやすいので立地環境を踏まえて判断します。

神奈川の注文住宅の相談は、地元の大手工務店や有名なハウスメーカーに出来ます。相談だけならコストは掛かりませんし、どの程度の工期と工費が掛かるか予め教えてもらえます。